日本エイサー サポート

お知らせ

Windows8.1へのアップデート後の「Acer Remote」の動作について

2015年07月17日

お客様各位

日本エイサー株式会社

日頃より弊社製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
Windows8プリインストールPCとして販売した製品のうち「Acer Remote」がプリインストールされている場合の
Windows8からWindows8.1へアップグレード後に発生する症状について以下の通りお知らせします。

- 記 -

Windows8.1アップデート後のAcer Remote動作について

Acer RemoteはWindows8モデルにのみ採用されたアプリケーションとなり、Windows8.1での動作確認を行っておりません。
Windows8.1へのアップデートを実施すると、コンピューター起動時にデスクトップ画面中央にArcServerと表示された小さなウインドウが表示される場合があります。
クリックできるボタンはありますが、説明はなくクリックするとウインドウが閉じます。

【対象】
Acer RemoteがプリインストールされたWindows8モデルをWindows8.1にアップデートした場合に発生する可能性があります。

【原因】
Windows8とWindows8.1の互換性の違い、ご使用になっているPCのソフトウェアのインストール状況によるものです。Windows8.1アップデートに伴う制限事項となります。

【対処法】
表示されたウインドウのボタン部分をクリックしてウインドウを閉じてください。
Acer Remoteは起動後、右下の通知領域にアイコンが表示されます。
Acer Remoteをご使用にならない場合はコントロールパネル -- プログラム -- プログラムのアンインストールからAcer Remoteをアンインストールしてください。

Acer Remoteをご使用になるにはブルートゥースのドライバを更新する必要があります。
Windows8.1へのアップデートの際にドライバの更新を行っていない場合は以下の手順でドライバを更新してください。

1.Acerのホームページを開きます。
2.サポートからドライバダウンロードを開きます。
3.製品グループ「デスクトップPC」、該当のシリーズ、製品名を選びます。
4.モデル名の下の部分の「正しいドライバを選ぶためにシステムのハードウェアを知るのが必要ですか?」と書かれた部分をクリックします。
5.ハードウェア判別ツール(HWVendorDetection.exe)をダウンロードするかどうか聞かれますので「実行」を選びます。(ユーザーアカウント制御ウインドウが表示された場合は実行を許可します)
6.カテゴリーBluetoothの欄のベンダー名を確認します。
7.OSの種類をプルダウンからWin8.1 64bitにしてDriverのタブをクリックします。
8.表示された一覧の中からBluetoothのVendorを確認しダウンロードします。
9.ダウンロードしたファイルを解凍し、できたInstallCDフォルダ内のSetup.exeを実行しインストールします。

【ご注意】
すべての環境での動作を保証するものではないためブルートゥースのドライバを更新してもAcer Remoteが動作しない場合、Acer Remoteはご使用になれません。
改善策はなく、Windows8.1へのアップデートに伴う制限事項となります。

以上