日本エイサー サポート

保証・修理

保証・修理について


・日本国内での保証対象製品について
・海外ノート製品の保守サービス
・OEM製品に関するご質問について
・保守サービス
・保証期間と修理料金の目安
・初期不良について
・サポート期間満了品について
・有償保守サービス
・センドバック保守サービス(修理依頼方法)


日本国内での保証対象製品について

  1. 日本国内で日本エイサーが販売している製品
  2. 日本エイサーの保証書が添付された各種周辺機器

海外ノート製品の保守サービス

保守に関しましては「ITWサービス」をご確認ください。

OEM製品に関するご質問について

他社ブランドPC及びPCに組み込まれている各種パーツ類に関するご質問にはお答え致しかねますので、
各販売元のサポート窓口までご連絡ください。

保守サービス

無償保守

お使いの製品が下記保証対象に該当し、且つ保証期間内である場合は、無償にて修理サポートをご提供いたします。
下記の条件を満たさない、または保証期間が過ぎた製品の場合、有償でのサポートとなります。
保証を受けられる場合は、ご購入日、販売店名の記載のある保証書を提示してください。製品保証書のご提示がない場合、並びに保証書に販売店印と購入日の記載がない場合は本サービスの適用はできませんので、予めご了承ください。

保証対象

日本エイサーはお客様がお使いの当社製品に製造上の欠陥が無いこと、または部品固体の原因によるロット不良が無いことを保証するものではありません。 事故、電源の問題、製品取扱説明書に従わない使用方法、誤装着、過失、改造、改変、不適切な設置、オーバークロック等を含む外的要因による損傷は、保証の対象になりません。 また、ハードディスク等の記憶装置に記録されているデータについて破損・消去等があった場合、日本エイサーはその責を一切負わない物とします。

※USB端子やメモリーカードスロットや外装や液晶破損時は、保証期間内であっても有償修理対応となります。
※商品使用時、または運送時等で発生した本体フレーム上のキズについては修理をお受けできません。
※部品交換の際、外筐部品に施されたカラーリング等の原状復帰はいたしかねます。
また、お客様ご自身が貼られたシールや液晶保護シート類については破棄させていただきます。
※他のOSのインストールや、パーティション変更(領域変更や圧縮、フォーマット形式の変更)などにより、リカバリが出来なくなった場合は、保証期間内でも有償修理対応となります。
※液晶部品が採用されている製品においては、画面の一部に点灯しない画素や常時点灯する画素が存在する場合があります。メーカー基準として画素の常時点灯、消灯個所が、中央に集中して3点以内、又は全面で7点以内ある場合におきましては、メーカー基準内として未修理・着払いにてご返却となります。
※有償修理でお見積もり後修理をキャンセルされる場合は、診断料がかかります。
※お見積り発行後、14日を経過してもご返答いただけない場合、未修理にてご返却させていただく場合がございます。
※修理完了または修理キャンセル後にお預かりした製品をお引き取りいただけない場合は、お預かりした日から6ヶ月以上の経過をもって、当該製品の所有権を放棄されたものとして当社で処分することができるものとします。
なお、無償修理の場合は保管料、有償修理の場合は修理料金または修理キャンセル料金ならびに保管料を請求させていただく場合がございます。
※ハードディスク・メモリーカード等、記憶媒体について
お客様からお預かりしております、記憶媒体を検査・修理する過程におきまして、データをすべて消去させて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

※2016 年1 月の「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律( マイナンバー法)」の施行に伴い、マイナンバー(個人番号)を含むデータが保存されている場合修理品をお預かりすることが出来ません。

保証期間と修理料金の目安

製品保証期間補修用部品の最低保有期間
※3
保証規定修理概算料金
PC本体
1年または3年
製品販売開始後3年
※法人モデルは5年
タブレット
1年
製品販売開始後3年
液晶モニター
3年
※パネル、バックライトは
1年保証
製品販売開始後3年
5年
製品販売開始後5年
プロジェクター
2年
※ランプモジュール1年、且つ使用時間500時間以内
製品販売開始後2年
GIGAスクールモデル
1年または5年
Chromebook:2026年6月末
Windows PC:製品販売開始後5年

※1 保証期間起算日は、製品ご購入日となります。
※2 スペアパーツの保証期間の保証期間は、当該スペアパーツ交換日から90日間、又は当該スペアパーツが組み込まれている製品の残余保証期間のいずれか長い期間といたします。
※3 補修用部品(製品の機能を維持するために必要な部品)の最低保有期間は、製品により異なります。
※4 オプション品の保証は6ヶ月となります。

初期不良対応について

初期不良対応は、製品購入後14日以内の故障端末に限りご利用いただけます。
販売店等でお買い上げいただいた当社製品の初期不良品について、原則として交換用在庫がある場合は交換、交換用在庫がない場合は修理となります。
在庫の状況は、製品の種類や時期などの違いにより異なり、以下の様な場合においては、初期不良対応の対象外となりますのでご注意ください。

1.箱、付属品が全て揃っていない場合
2.製品のセットアップ等によって発生した外観上の傷や破損
3.カバーの成形や塗装工程、輸送により発生する避けることのできない微小な外観上の不具合
4.液晶画面上に点灯しない画素や常時点灯する画素がある場合
(良品判定基準:中央に集中して3点以内、又は全面で7点以内)
5.カバー類の開封証明となるボイド・シールに破損が見られる場合
6.他のOSのインストールや、パーティション変更などが行われたことによる不具合

サポート期間満了品について

販売開始から5年間を経過した製品につきましては「サポート期間満了品」となり、修理や技術的サポートの提供を終了させていただきます。

サポート期間満了品は下記リストをご参照ください。
Acerサポート期間満了品リスト
Gatewayサポート期間満了品リスト

※eMachiensについては、全てのモデルがサポート期間満了品となります。
※一部の法人延長保守対象モデルは除きます。

有償保守サービス

下記の場合、修理は有償となります。
※保証期間内でも有償修理対応なる場合があります。

  • 1.保証期間を超過し、修理部品が最低保有期間内の場合
  • 2.保証期間内にも関わらず、保証対象外事項に当てはまる故障原因の場合
  • 3.保証書をお持ちではない場合
  • 4.ご購入日が確認できない場合
  • 5.他OSのインストールや、パーティション変更(領域変更や圧縮、フォーマット形式の変更)などにより、リカバリが出来なくなった場合
  • 6.BIOSパスワード、指紋認証、Windowsパスワードの解除ができない場合

有償修理の場合、お預かり後に診断を実施し、お見積書をご提示いたします。
なお、修理をキャンセルされる場合は診断料として5000円(税別)が発生いたします。

センドバック保守サービス(修理依頼方法)

修理でご依頼される場合は、下記の修理依頼書をプリントアウトして頂き必要事項ご記入の上、修理品に修理依頼書・付属品及び保証書(販売店購入日記載)、または納品書(又はレシート)を準備頂き、カスタマーサービスセンターまでお問い合わせいただくか、オンライン修理受付・状況確認(※スマートフォンではご利用になれません)をご利用ください。

オンライン修理受付・状況確認はこちら
オンライン修理受付の登録方法についてはこちらの動画をご覧ください。

必ずご確認下さい!「マイナンバーの取り扱いについて
修理依頼書 修理依頼書をダウンロードし必要事項を記載の上、カスタマーサービスセンターまでご連絡ください。
修理依頼書のダウンロード(パソコン・タブレット用)
修理依頼書のダウンロード(モニター・プロジェクター用)
PDFファイルをご覧になるには、AdobeR Readerが必要です。お持ちでない方は、左のバナーよりダウンロードをお願いいたします。

修理品運送費用(※当社が往復送料を負担致します)

  • 修理依頼時の修理品の運送費用は往復ともに弊社が負担いたします。

  • 【修理品運送に関わる注意事項】
  • ※送料負担については、一般のお客様からの直接修理送付の方に限ります。
  • ※法人モデルについては、お客様片道負担となります。
  • ※修理品の輸送事故や破損を防ぐ為に、緩衝材等を詰めてしっかりとした梱包をお願いします。
  • ※修理品返送時に輸送事故や破損の可能性のある梱包箱・緩衝材については、破棄させていただく場合がございます。
  • ※送付の際は一般の宅配便をご利用ください。航空便、赤帽、バイク便等の特殊便の場合、お受け取り致しかねます。